ホーム > エリア情報 > いざ勝負の世界へ

いざ勝負の世界へ

やっと投資すると時という場合では何よりも準備をしなくてはいけません。

 

売買を始める前であるならば、出来事を合理的に調べる事ができるゆとりがあります。

 

ところが、いったんマーケットの内側へ足を踏み入れると、どう工夫しても受け取り方が偏ったものになってしまい、時にはちゃんとした状況がわからなくなるリスクを負います。

 

それだけに頭が冷静な間に間違いない準備が不可欠です。

 

"準備"のためには、何はともあれ自らのストーリー展開を考える事からスタートします。

 

今後の投資環境はこうなるだろうから、米ドルを売買するみたいな、自分で考えた脚本を書いていきます。

 

次に相場を確認しましょう。

今までの為替レートの推移を確認して現時点の位置を確認します。

 

そうしたら、「今のところ相当低すぎる場面になっている」とか、または「大方の売買しているからこれから先売買してももうやりようがない」などと理解できます。

 

もちろんすでにしかけるのが遅すぎるなと感じたら売買しないで、この状況では潔くあきらめることか肝心。

 

どうあがいても筋書きを押し通そうとして、無理に注文すると、相場にやられてかえって損することになります。

 

そうは言ってもたいがいの場合、準備が出来ている自分なりのシナリオを思い描いていくと、売買がなすすべがないという具合にはならないと考えます。

 

おそらく、リアルに外国為替市場が動意づく前の状況のはずです。

 

続いては、差し当たり自らが注文しようとしている外貨の変化を注意深く把握する事が大事です。

 

もしも、円安が進むと予想するシナリオを作成したのであれば該当する外貨の推移に注目しておきます。

 

市場の変動を注目し始めた状態では該当の外貨は動く兆候を見せず細かい動きをしているだけでしょう。

 

だが、その変化をじっくりとチェックしていると、あるところで確実にドル高の方向へと為替相場が変動し始めます。

 

そこで初めてドルの新規注文を出すのだ。

 

これだけ周到に準偏さえしておけば、その注文で勝つ率は結構高まるはずだ。

 


関連記事

  1. 母親が育毛シャンプーを大量に取り寄せしていました

    母親が育毛シャンプーを大量に取り寄せしていたので、ご紹介します。 この間、久々に...

  2. ヤミ金業者だった

    任意整理というのは一般的に負債の整理というようにも呼ばれていて、それぞれ債権を有...

  3. 様々なニーズに応えるフラッシュモブ

    フラッシュモブはいろんなことに使えるみたいです。   企業のPR何かに...

  4. いざ勝負の世界へ

    やっと投資すると時という場合では何よりも準備をしなくてはいけません。 &nbsp...

  5. いざ勝負の世界へ

    やっと投資すると時という場合では何よりも準備をしなくてはいけません。 &nbsp...

  6. テスト

    テスト記事です。...