ホーム > 生命保険 > 親がやたらと干渉しては注意する時

親がやたらと干渉しては注意する時

私が家出をしたいと思ったのは、親があまりにも口うるさい時です。何かにつけて人を干渉し、「それは駄目だ」とか「こうしないと駄目だ」という注意をしてきます。 子供ではないのだから、自分のことは自分で決めたいと思うのに、そうできない時に家出をしたいと思うのです。 彼氏を家に連れて来た時に、母親が、「あの男は駄目」と言った時には、怒りで家出したいと考えました。 今でも、あの時のことを思い出すと、怒りがこみあげます。 原一 探偵 宮城

関連記事

  1. 親がやたらと干渉しては注意する時

    私が家出をしたいと思ったのは、親があまりにも口うるさい時です。何かにつけて人を干...

  2. テスト

    テスト記事です。...